[キティちゃんファンクラブ]

♪キティちゃんエッセイ

【2017年1月3日(火)】
2017年がスタートしました。昨年は色々人間関係を広げようと思い、色々な方とお会いしました。
人との出会いはとても勉強になりました。

色々な方がいましたが、私はその中で、本当に信頼出来る方がにも出会えました。
そして今ももう十何年も仲良くしてくれているお友達もいます。
信頼出来る人、何も言わなくても分かり合えるお友達、そんな方達が、この様な人格者でもない、私と仲良くしてくれている事が、本当に有り難く、感謝するばかりです。
私もそういう大切な方達に喜んで貰ったり、安心して貰ったり、笑顔になって貰えたり出来る存在になりたいです。
今年はそんなに交友関係は広くはなくても良いので、とにかく大切なお友達を心から大切にし、私なりに恩返しをしていきたいと思います。
キティちゃんには素敵な出会いをいっぱいもたらしくてくれているのでキティちゃんにも有り難うって伝えたいです。

そして私は家族皆が大好きで心から大切。夫の家族も!
こんな私なのに、両親や兄や夫達に大事にされている(って言い方は照れるけど)って恵まれているのだと思います。
色々な出来事があるけれど、私はその恩に報いる為にも真っ直ぐ誠実に生きたいし幸せになって安心させてあげたいです。
勿論、このサイトのメインテーマであるキティちゃんも家族と同じ位大切です。

2017年が幸せな1年になります様に。

【2016年7月2日(土)】
キティちゃん、2016年もサンリオキャラクター大賞、頑張りました!これからもずーっと永遠にもっともっと応援していきます!キティちゃんがこの世に存在してくれて、私達に幸せと笑顔と癒し等沢山のものをくれている事に心から感謝しています。(昨年と順位は変わっていますが、私の考え方はほぼ一緒です。というよりももっとキティちゃんへの想いは増しています。)キティちゃんはもはや私の神様です!

【2015年6月27日(土)】
2015年の「サンリオキャラクター大賞」の順位、キティちゃんは7位でした。
その発表時は正直、少し意外な気持ちにはなりました。
毎年、「キティちゃんの順位は何位であっても気にしない!」と思いながらもやっぱりキティちゃんが大好きでキティちゃんに喜んで欲しいという気持ちからキティちゃんに投票しています。
順位は昨年より下がったけれど今年もスーパーアイドルとして、そのプレッシャーに負ける事なく、キティちゃんは凄く健気に可愛く頑張っていました。キティちゃんは順位が下がった事位で何か影響を受ける様な存在ではないと思っています。
最初のキャラクター大賞では8位から始まって、9位の時だってあったのです。それでもその後、或る時は12年連続1位、合計14回1位達成、グッズの売り上げもNo.1となり、揺るぎないトップアイドルとなったキティちゃん。私もキティちゃんに幸せにして貰っているし、きっと沢山の人を幸せにしてくれていると思います。
やっぱりキティちゃんの順位が何位でも関係なく、私自身は日々どんどん好きになっていきます。ハローキティは私にとって永遠にNo.1です。多くのキティちゃんファンにとってそうだと思います。

キティちゃん、いつも幸せな気持ちにさせてくれて本当に有り難う。今キティちゃんに伝えたいのはやっぱりお礼の気持ちです。
キティちゃんも幸せな気持ちになってくれたらそれが一番嬉しい。だからもし来年も「サンリオキャラクター大賞」があったらキティちゃんに投票します。
(「キティちゃんDiary」に記載した内容を一部加筆・修正しました。)

【2015年6月1日(月)】
今年は色々な事があります。
忙しかったり、心配な事があったり。
でも1つ1つ乗り越えて、心穏やかに前に進んで行きたいです。

最近は、「幸運日めくり ハローキティのにんげんだもの 毎日が楽しくなる31の言葉」(ダイヤモンド社)に背中を押して貰ったり、時にはほっとしたりしています。

【2015年1月13日(火)】
キティちゃん40周年イヤーが終わってしまいました。
35周年が終わった時もちょっと寂しかったけれど40周年が楽しみでした。
次は45周年も盛り上がるのかな。
○周年になるとグッズやイベントは増えるけど、そうじゃない時も気持ちはいつも同じです。
40周年は「ARIGATO HUG YOU」がコンセプトだったのでキティちゃんに有り難うって沢山言えたし、周りへの感謝の気持ちを改めて思い出す事も出来て良かったです。
キティちゃん、楽しい40周年をどうも有り難う。

【2014年8月29日(金)】
キティちゃんの事(「ハローキティはネコではない」等のタイトル)が海外のネットニュースで話題になりました。
その一部がこちら。
http://gigazine.net/news/20140828-hello-kitty-not-cat/(Gigazine)

このニュースがTwitterで話題になって何度もニュースが流れたり意見が寄せられているを見て、ちょっと違和感を感じました。
「キティちゃんは世界の人気者だから仕方ない」、「ハローキティの宣伝にもなっているからいいのかな?」、「話題になっている事が話題って事なのかもしれない」、「海外で騒がれたのは、Kitty(子猫)なのにネコじゃないの?って思う発想からなのかもしれないけれど海外の女性の名前の愛称にも使う様ですからそれも当てはまらないかな?」・・・等々、あれこれ考えました。
当初はこの事は触れる予定ではなかったのですが、この様に色々考えた事、そして、このニュースから派生した、「ハローキティ」を揶揄・批判する様な書込も目にしました。(面白がる等はいいのですがそういうのものではないもので、キティちゃんファンとしては悲しくなりました。)

個人的意見があるのは仕方ないと思いつつ、本来のニュース内容からずれてきているので気になってメモの代わりに書いておきます。

個人的には面白い記事だと思いますが、周りがそんなに何度も大騒ぎするではないと思ってしまいました。
ニュースサイトに書いてある様な「ハローキティ」の簡単なプロフィールは日本のサンリオ公式サイトにも書いてあります。
http://www.sanrio.co.jp/character/hellokitty/

上記に載せた、ニュースサイト(Gigazine)より一部抜粋します。
『Yano氏が「ハローキティ誕生40周年企画展」の展示品を準備していた時、ハローキティを「ネコ」と記述したそうですが、これはすぐさまサンリオから修正されたそうです。ハローキティに関する正確な情報は、「ハローキティはネコではなく、漫画のキャラクターで、小さな少女で、友達です。ハローキティはネコではないので、四つん這いの体勢を描かれることはありません。ハローキティは2本足の人間と同じように歩き、座り、さらにペットに『チャーミー・キティ』という名前のネコを飼っています」というものだそうです。』(以上、抜粋。)

この中の、「ハローキティはネコではない」の部分だけに焦点が当たり過ぎていると思います。
そもそも、「ネコではない」という記述を、そのまま受け取るのは少し違うと思います。
「ネコではない」というのは極端過ぎで、「正確にはネコではない」という意味だと思います。
表現は難しいですが元々、「白い子猫をモチーフとしたキャラクター」、「白い子猫が『擬人化』されたキャラクター」という事の様ですよね。
人間の普通の女の子と同じ様に生活して、学校に行き、遊びに行き、アップルパイを食べて・・・。
こういう普通の女の子らしくて身近な存在であるという所もキティちゃんの魅力の1つだと思います。

話がずれますが、私は、細かく設定されたキティちゃんのプロフィールが大好きです!
特に、将来の夢がママと同じピアニストとか、ミミィちゃんの夢はお嫁さん、なんて・・・考えただけできゅんきゅんして気持ちがほんわかしてきます。
私の場合、ミミィちゃんの存在が、ハローキティの世界をより魅力的にしてくれました。だって双子で外見はダブルで可愛くて、でも性格は違うなんて、なんてリアルな設定。
これからも、キティちゃんはキティちゃんらしく、ミミィちゃんは、ミミィちゃんらしくいてほしいですね。
・・・話がずれてしまいました。

ハローキティは「ハローキティ」であり、それ以外の何でもないと思います。
キティちゃんがキティちゃんである事だけでもう十分大好き。
白い子猫が擬人化されたキャラクターであるキティちゃんが、普通の女の子として、家族やお友達と、毎日明るく楽しく生活し、どんどん活躍の場を広げていく姿は本当に可愛らしくて応援したくなります。
そしてハローキティの生きる世界や設定、プロフィールは本当に魅力的で一度好きになるとどんどん好きになりばかりです。

あとはサンリオ公式以外の情報のみを信じて、1ファンである私は細かい事や周りの意見は気にせず、応援し続けたいと思います。
以上、長くなりましたが、メモ代わりに書き記した事です。

【追記 】
下記ニュースサイトより抜粋させて頂きます。
http://www.j-cast.com/2014/08/29214403.html?p=all(J-CAST 2014年8月19日)
『(略)J-CASTニュースがサンリオの広報部に確かめると、報道は事実で、「ハローキティは猫をモチーフにしたキャラクターだ」と語った。(略)
サンリオの広報部によると、「猫をモチーフに100%擬人化したキャラクター」だそうで、「猫ではありません」と明言した。(略)
また、「猫ではない」ことは今まで隠されていた事実というわけではなく、今年で誕生40周年を迎えますが、ハローキティが誕生した当時からの設定です」と語る。(略)
ロサンゼルスタイムの記事が話題を集めたことは、「海外のファンには細かな設定が知られていなかったのでは」(同広報)と見ている。実際に日本からのツイートを見ると、「猫じゃないの知ってたよ」「知らなかったの?」「当たり前のことだと思ってたんだけど」という書き込みも散見される。どうやら熱心なキティラーにとってはおなじみの事実だったようだ。(略)
サンリオ広報は「キャラクターの世界なので、自由に楽しんでもらいたいです」と語っている。』(以上、抜粋)。

これでこの事は解決で良いのではないかな、と思います。

【更に追記】
下記の記事にサンリオ広報の方のインタビューが載っています。
「THE WALL STREET JOUNAL」〜ハローキティは「ネコの擬人化」=サンリオ〜(THE WALL STREET JOUNAL 2014年9月1日)

【更に更に追記】
サンリオ社長のコメントがありました。
ニュースサイトより抜粋させて頂きます。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/308990/(東スポWeb 2014年9月4日)
『(略)辻社長が初めて言及。「キティちゃんは猫じゃない」とキッパリ断言した。「猫だってなると、ミッキーはねずみか、となる。そういうことを言うんじゃなくて、キティちゃんはキティちゃん、ミッキーはミッキー。おもしろおかしく言っているけど、キティちゃんもミッキーもアイドルなんだから。ねずみだ猫だって言うとワケが分からなくなります」(略)』
http://www.cinemacafe.net/article/2014/09/04/25775.html(cinemacafe.net 2014年9月4日)
『(略)「キティはネコじゃない!」と明言。(略)「キティはネコなのか? という話になると、ミッキーはネズミなのか?って話になる。キティはキティ、ミッキーはミッキー! ネズミだのネコだのって話は訳が分からない」(略)』

【2014年8月14日(木)】
「ハローキティのニーチェ 強く生きるために大切なこと」(朝日文庫編集部 編)を読んでいると、色々勉強になります。


P98より抜粋
『すべての言葉は、口から出してしまえば、もう取り戻せない。』
一度発言したり文章に書いて公表しまったら、例え発言を聞いていた人の心に残るし、文章であったら読んだ人の心に残るし、削除しても結局何らかの形でずっと残るんですよね。自分の意見はしっかりと伝えたい思っていますが、誰かを傷つける様な発言をしない様、気をつけたいと思います。

P34より抜粋
『友達のイヤなところは自分自身の嫌いなところ。』
人を悪く言う人は、実は自分の欠点やコンプレックスについて話している様な面もあるのかもしれませんね。恥ずかしい事だからやたらむやみに人を悪く言わない方がいいですね。

P46より抜粋
『言いたい人には言わせておけば?』
色々な情報や噂が飛び交いますが、真実はいつか明らかになるものですよね。私は出来たら、情報に流され、振り回されるより自分の目で見て考えた事で判断したいです。

読んでいると、元気が出てくるとの同時に、自分自身を振り返る事が出来る本ですね。色々と反省もします・・・。
自分自身、未熟者ですが、頑張って人生勉強して、家族に、キティちゃんに、そして自分自身に恥ずかしくない生き方を出来る様になりたいです。

【2014年8月2日(土)】
今年、2014年の「サンリオキャラクター大賞」の結果が発表され、今年はキティちゃんは2位でした。
「サンリオキャラクター大賞」が始まった時は8位だったキティちゃん。
それが1998年から、12年連続1位という偉業を達成。でもその後、2年間、3位だったけれど、その後はまた2年間連続で1位でした。
今年は2位。1位ではないけれどやっぱりとても立派な堂々とした結果です。
グッズ売上では、やっぱりキティちゃんがトップの様ですが、やっぱり人気投票で1位であり続けるのは大変な事ですね。
キティちゃん、お疲れ様でした。そしていつも有り難う。
多くのキティちゃんファンと同じで、私もキティちゃんが今の様な人気者ではない時もいつも大好きだったし、「子供っぽい」とちょっとからかわれたりした時も、大好きな気持ちが揺らいだ事がありません。
いつもいつも大好きで、キティちゃんに支えられて生きてきました。
だからこそ、順位は気にしないとは言え、やっぱり大好きな今年もキティちゃんが1位だったらファンとして嬉しいしキティちゃんも嬉しかったと思うけれど・・・2位でも立派だし、まだまだこれから先がありますよね!
時は移りゆくけれど、どんな時も、どんな状況の時も、順位や人気は関係なくキティちゃんへの愛情はこれからも変わらず(それどころかもっともっと、益々強い気持ちで)キティちゃんの事、ず〜っと大好きだし、応援していきます!

【2014年5月30日(金)】
「サンリオキャラクター大賞」が2014年も大盛り上がりです。
もっと小規模の時は純粋に楽しめたのですが、今は大規模になってきてしまって、キティちゃんが順位をプレッシャーに感じていたらどうしよう、とか、キティちゃんに順位を付けるのはおこがましい様な気がする!とか考えてしまいます。
商品売上は1位なのだし、もし今年も1位だったら殿堂入りって駄目なのかな。でも他のキャラクターも人気あるので特別扱いは難しいのかもしれませんね。
楽しいお祭りだと思えばいいんですよね!それにキティちゃんはプレッシャーを感じる性格ではないかな?って気持ちもします。
キティちゃんがもし1位になって、喜んでくれたらいいな。きっと順位が上だったら、サンリオでの活躍の場も増えるのかもしれませんし、それはきっとキティちゃんにとっても、ファンにとっても嬉しい事ですね。
そして私はキティちゃんが何位でもやっぱり気持ちは揺るがないしただ一途に応援していきます。
キティちゃんにいつも支えられているので、キティちゃんを応援出来る事は何でもしたいです!

【2014年3月11日(火)】
今日で東日本大震災から3年です。
お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます
色々な方がメッセージを発していますし、私には今、役立つ様な良い言葉が浮かびません。
余りにも大きな震災で、多くの方の大切な命が失われました。
3年経過した今もそれぞれの事情と共に、想像を絶する深い悲しみ、苦労、問題を抱えている方々が沢山いる事実としっかり向き合いたいと思います。
今日だけでなく、継続して決して忘れない様にしていきたいです。
東日本大震災から地域の復興に尽力してきた三陸鉄道の全線開通式に、キティちゃんが参列するそうですよ。

【2013年11月22日(金)】
「ARIGATO HUG YOU」というテーマで、キティちゃんは40周年に向けてみんなに「ぎゅっ」として、たくさんの人達に「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えてくれるそうです。

キティちゃん、こちらこそ「ありがとう」って言いたい気持ちです!
いつも沢山の幸せや喜び、癒しの気持ちを、どうもありがとう!
キティちゃん、そしてキティちゃんに携わる全ての方々、1人1人に「ありがとう」とお伝えしたい位の気持ちです。
そして・・・個人的に、いつも、一番たくさんの「ありがとう」を伝えたいのは、やっぱり両親です。

【2013年9月10日(火)】
いつも思っている事なのですが、大好きなキティちゃんの情報、私も出来る限り自分で手に入れたいですが、膨大な量で、全てを把握するのは無理な事です。
だから、貴重な情報を提供して下さったり、詳細を教えて下さったりする方々に、本当に感謝しています。
本当に有り難うございます。
そして、「このサイトでこのキティちゃん情報を知りました」と嬉しそうに報告して頂けるのも、こんなサイトでも少しは役に立ったのかな?と思えてとても嬉しくなります。
それは「キティちゃん情報」に限らず、このサイトのキティちゃんを観て癒された等の言葉も本当に嬉しいものです。
このサイトで交流して下さる皆様に心から感謝します。

こうして思い起こしてみると、このサイト以外でも、私が喜ぶからと、キティちゃんグッズをプレゼントして下さる方やキティちゃん関連のお出掛けに一緒に行って下さる方等々、キティちゃんを通じての感謝の気持ちは挙げればキリがないです。

【2013年7月1日(月)】
今年、2013年の「サンリオキャラクター大賞」で今年はキャラクター達が「これやります宣言」を発表していますね。
そして投票する人も「これやります宣言」をTweet出来るという事で、「私は○○が○○位になったら、○○○○○をします!」という形でTweet出来ます。

これが始まった時、色々考えました。
「ハローキティが1位になったらお友達や家族とお祝いをします。」
「ハローキティが1位になったら直接お祝いメッセージを伝えます。」

でもなんか違うな〜って思って、「ハローキティが何位になっても、ずっと大好きでいます&もっと大好きになります。」が一番ぴったりかなって思いました。

でも、ここ最近、ちょっと悲しい事があって、キティちゃんがやっぱり私を支えてくれたんです。
今回だけではなくて、いつもいつもそうである事を改めて実感しました。

だから、

「キャラクター大賞のキティちゃんの順位が何位になるか、確かに気になります。でもキティちゃんがこの世に誕生して、今現在、存在してくれている事自体がとても嬉しいという思いもあります。キティちゃんはいつも楽しい事はよりハッピーにしてくれて、辛い時は心を癒してくれて、いつも和ませてくれます。だから私はハローキティが何位になってもハローキティの存在に感謝します。ハローキティをずっと大好きでいます。そしてもっと大好きになります。」

Twitterなのでもう少し短くなりますが、これが今の私の「これやります宣言」です。
かなり「これやります」って感じから離れちゃったけど!

【2013年5月2日(木)】
時々、「お持ちのキティちゃんグッズの中で最も高価な物は?」と聞かれます。
でも私は多分、そんなに高価なキティちゃんグッズは持っていないと思います。
前もどこかで答えましたが、私は、キティちゃんを買う時は値段の高い物やレア物を買おう等とは特に意識せず、自分が好き!可愛い!と思った物や必要な物を、無理のない範囲で楽しみながら買っています。
私は当然、普通の人。
決して大金持ちではないし、旦那さんも働いているし、私も働いているし、衣食住や家族との生活も大切。
衣食住と同じくらい大きく人生の一部となっている事実ですし家族と同じくらい大切です。
だからこそキティちゃんとの生活も自然体でいたいです。
小さい頃からキティちゃんファンでこれからも一生途切れる事なくキティちゃんファンでいるつもりなので、自分の生活や年令に合った範囲で、これからの長いキティラー人生をゆっくりと大切に歩んでいきたいと思います。

【2013年3月11日(月)】
東日本大震災から2年です。
今日だけ特別ではないし今日が過ぎてもまだ続いているんですよね。今日という日を節目に何かが終わる訳ではありません。勿論、更に強く願い、祈るきっかけにはなる日だけど、実は今日生まれた人等、今日という日が幸せな日である人もいます。

震災は同じ空の下で起きた事であり、決してひとごとではありません。自分が遭遇していてもおかしくなったと思います。
安易に自分が想像する事など、決して出来ない程の悲しみや苦しみ、矛盾や悔しさが今も続いている事。その事は絶対に頭に置いて、自分で出来る限り心を寄せて、自分なりに出来る事を長期的に続けていきたいです。

【2012年12月31日(月)】
(「キティちゃんDiary」に記載した内容を一部加筆・修正しました。)

今年の私にとって大きかった出来事。
2012年9月、ギネス世界記録に「ハローキティコレクション」で認定されました。

実際、認定作業をしたのは昨年の夏です。
ギネス世界記録は規定が細かく厳正で、本来申請・認定は色々と手間が掛かる様ですが、今回はギネスワールドレコーズ様よりお話を頂いた事だった為もあり、スムーズに進行する事が出来ました。
お話を頂いた当初は「私が?」と戸惑いました。
でもこれはとても良い記念になると思いました。

ただ、やはりキティちゃんグッズのカウントは大変でした。
凄い量ですし、正式に証明出来る形で細かく正確に商品名を記録していかなくてはなりませんし、カウントする物、しない物等のギネスワールドレコーズの厳しいルールに則ってカウントしていくのもとても困難でした。
(実は一部、途中で数えるのを断念してしまいましたので、実際より少ない数で認定されています。)

周りの家族や友人は理解してくれているのですが、私は持っているキティちゃんの数は余り気にしていません。
キティちゃんグッズは生活していく中で自然に増えていきました。
でもキティちゃんグッズ1つ1つへの想いや愛情がとても深いです。
(キティちゃんの数の多さとキティちゃんへの愛の深さは全く別だと思います。)
今までキティちゃんを通じて作った大切な思い出がいっぱいいっぱいあります。
我が家にいるキティちゃんは家族だと思っていますし心の支えです。
キティちゃんが大好きで大好きで仕方ありません。

世界のアイドルキティちゃん。
キティちゃんグッズをいっぱい持っている方は沢山いると思いますし、レコードは塗り替えられていくものなのだと思います。
ただ驚いた事に今までキティちゃんコレクションの記録認定者はどなたもいらっしゃらなかったとの事。
(申請はあった様ですが、基準に達しなかった為認定されなかったそうです。)
『キティちゃんで初めて』のギネス世界記録認定者となれた事がとにかく良い記念になりました。
この『キティちゃんで初めて』が私にとってはとても嬉しいのです。
大好きなキティちゃんの事で世界初の記録を残す事で、また新しく、自分の人生の中のとても素敵な思い出を作る事が出来てとても幸せです。
だから今後レコートが塗り替えられても私には永遠の幸せな思い出として心に残ると思います。
(そうしたらいつか私もまた再チャレンジするかな?しないかな?)

キティちゃんのギネス世界記録の事で家族が喜んでくれたのもとっても嬉しかったです。
(旦那さんも私以上に喜んでくれているし、どちらかというと真面目な事が好きな母や兄も楽しんでいるし、父は明るい話題が大好きなのです。)
家族にとっては、私=キティちゃんみたいなものなのです。

長い人生、これからも私なりのやり方、私なりのペースで、ずっとずっとキティちゃんを愛していきたいと思います。
そして当時より今、キティちゃんグッズはどんどん増えています。

(My Feeling)
Very big event for me of this year.
It was recognized to Guinness World Records by "Hello Kitty collection" in September, 2012.

I worked for recognition last summer.
The regulations of Guinness World Records of are detailed and strict.
Applying and being recognized are very troublesome work.
However, it was possible to progress smoothly because it had proposed it from Guinness World Records.
When it is proposed by the Guinness World Record, I was puzzled, and I thought "Can I do?".
But I thought that this became very good commemoration.

However, I had a hard time in counting the number of Kitty goods actually.
It was a terrible amount, and it was necessary to record the brand name accurately.
I have to divide into the thing I can count and the thing I can't count, in accordance with the severe rules of Guiness World Records.
It was very difficult !
(Because I have actually abandoned the count on the way, it is recognized by the undercount. )

To tell the truth, the number of my Kitty goods doesn't stick to me so much.
My family and My friends are understand and know it.
The number of them increased naturally while I lived.
But My love to each one of Kitty goods is very deep.
(I think that the quantity of Hello Kitty has nothing to do with the depth of the love to Hello Kitty.)
I have a lot of important memories made with Kitty.
Kitty who exists in my home is a family and is support of my mind.
I love Hello Kitty from the bottom of my heart!

Hello Kitty is the Idol in the world.
I think that there are a lot of having many Kitty goods and the record is updated some time...
Though it is surprised, there were no those who recognized the record of "Hello Kitty collection" in the past.
(Because the standard of them was not filled, it was not recognized though there were some applicants.)
The thing that had been recognized for the "first" time to Guinness World Records of "Hello Kitty collection" became very good commemoration for me.
The fact I'm "first time in Hello Kitty" is very glad for me.
I'm happy because I was recognized to Guinness World Records for the first time in the world by the loved Hello Kitty.
Even if the record will be updated in the future, I will think that I remain in the mind as happy eternal memories in me.
(Do I apply again at that time? I'venot decided.)

I 'm very glad of the pleasure of my family with this thing.
The husband is pleased more than me.
My mother and my brother, and father are pleased with this thing.
It is Me = Hello Kitty for my family.

I want to love Hello Kitty for a long time by my pace and my own way through mylife.
And now the number of Hello Kitty collection increases steadily than this time.

(Sorry...I'm poor at English!)


【2012年11月1日(木)】
今日は大好きなキティちゃん&ミミィちゃんのお誕生日。
穏やかで平和で幸せな気持ちでこの日を迎える事が出来て、本当に嬉しいです。
来年も再来年も、その先もずっとずっと、こうして幸せな気持ちでこの日を迎えられます様に。

今更語る迄もないし言葉にするのは難しいけれどキティちゃんのお陰で幸せや楽しい事は数倍楽しく感じられるし、キティちゃんのお陰で悲しみは苦しみは半分以下になるし、キティちゃんを想うと乗り越えられないと思える事も乗り越える勇気が出てきます。
キティちゃんに言動をいつ見られても恥ずかしくない、そんな人間になりたいって思います。

キティちゃん、これからもずっとそばにいてね!

【2012年9月16日(日)】
今日、或る事がきっかけでふと思った事を書きます。
(特定の事例ではなく、あくまでも例え話ですのでご注意下さい。)

私はキティちゃんの愛し方って人それぞれだし、持っているキティちゃんの種類も数も人それぞれだし、それがキティちゃんファン同士の交流の楽しい所だと思っています。
キティちゃんグッズ全てを手に入れるのは無理ですし、みんな同じ物を持っていたらおかしいですよね?

それにキティちゃんは世界のアイドル。みんなのキティちゃんです♪
誰か特定の人の為の物ではありませんよね。
ましてやキティちゃんが好きである事に上下や優劣などないはずです。
みんながそれぞれの愛し方をしていて、みんなにとって代わらずに可愛い、そんなキティちゃんが大好き!
キティちゃんを通じて色々な人と仲良くなれたら本当に幸せ。いつもそう思っています。

私は決して人格者ではないけれど、例えばの話、
キティちゃんの事で、自ら、誰かに悪意を持ったり争ったりなんて、とんでもない!
絶対しません。
仮の話をこうやって書くのも気分が悪い位です。
そんな事をしたらキティちゃんが悲しむと思います。

そしてこちらもあくまでも例えばの話ですが、
仮に、どこかにそんな心無いどなたかがいらしたとして、私がキティちゃん関連で悪意を持たれたらどうするか?
想像するとちょっと怖いのでそんな事がないといいな、とは思いますが!
もしもそんな事があったら私は正々堂々と、面と向かって話し合いたいと思います。
卑怯な真似やこそこそした行動は意味がなくて大嫌いなので絶対にしたくありません。
気付かない内に私の方に悪い点があっての事かもしれませんし、もしかしたら誤解されている点もあるかもしれませんので、こういう時はこそこそしないで直接堂々と名乗り合って話し合わないと全く意味がないと思います。

私は本当に完璧な人間ではない、駄目な面がいっぱいある人間だけれどキティちゃんに関しては、いつも清廉潔白でありたいと思っています。
キティちゃんは私の心の支えです。

これからも穏やかに平和な気持ちでキティちゃんを愛していきたいです。
キティちゃんもみんなが思いやりを持って仲良くする事を望んでいますよね。

こんな私ですが、温かくして下さる皆様にはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。
私は私らしく頑張っていきますが、この様に未熟な人間ですし気付かない点もあると思いますので、もし何かありましたら私に直接ご指導頂けたら幸いです。

私自身も、今までもこれからも、誰かに何かを伝えたい事は直接伝えます。疑問に思った事も直接聞きます。自分が悪い時は直接謝罪して正す様にしたいと思います。

また、自分がしてしまった間違いは自分の為にも心に留めておこうと思いますが、それ以外の嫌な思いはもう解決したと自分で判断出来たら、もしくはもうどうでもいいと思える様になったらリセットして全て忘れようと思っています。
(悲しみや自責の念は持続する性格なのですが怒りが余り持続しない性格なのです。
それに悲しい経験や自分を省みる事は自分の成長の為にもなるけど、怒りって結局最後は空しいだけで何にもならない気がします。)

こんな不器用な私ですが、これからも真っ直ぐに生きていける様、頑張っていきますので、どうぞこれからも宜しくお願い致します。

(堅苦しく分かりづらい文章になってしまってごめんなさい。とにかくキティちゃんが大好きなので、キティちゃん大好きな皆様とこれからも仲良くしたいです。宜しくね!)


そもそもキティちゃんの純粋な目を見ていたら嫌な考えなんて起きないですよね。

【2012年8月22日(水)】
キティちゃんの思い出の1つを書きます。

幼い頃、家族と旅先の本屋さんで、「キティとミミィのあたらしいかさ」の絵本を見つけて、既にキティちゃんが大好きだった私は立ち読みしてしまいました・・・。
キティちゃんとミミィちゃんの可愛らしさに夢中になりました。
その時、親が「もう電車の時間よ。」と声を掛けてきました。
「この本を買いたい。」と親に言いましたが、「東京で買ったら?」と言われ、私もそうしようと思っていました。
今買ったら荷物が増えてしまうし、東京に帰ったら、東京の本屋さんで買おう!
そして東京に帰ってきてすぐ「キティとミミィのあたらしいかさ」を探しに行きましたが、どの本屋さんにも売っていませんでした。
とっても寂しい気持ちになったのを覚えています。
何度も何度もその内容を思い出してきました。でもその後も、ずっと見つける事はありませんでした。

私は幼い頃の自分とその本の中のキティちゃんとミミィちゃんを重ね合わせていました。
雨が降っている中でもお母さんのお買い物に着いて行きたがったり、新しく買って貰った傘を大喜びしてすぐに使いたがったり。
私もそんな感じの子供だったので、「まるで私みたいだな〜」と、とても共感していたのです。
だから手にして何度も読みたかったのですが、とうとう実現出来ませんでした。

そして、大人になった現在は、DVD化されたのでDVDを購入。何度も繰り返し映像として観る事が出来ています!
「キティとミミィのあたらしいかさ」は、私にとって、幼い頃の思い出の籠もった、大好きな作品です。
(本はどこかで売っているのかな?と未だに思う事もあります。)

【追記】
ネットで売っていました!買おうかどうか迷っていたところ、お友達が親切に貸して下さいました!
【更に追記!】
お友達から貸して頂いた事でこの本の良さを実感。本も購入しました!

思い出の宝物です。

【2012年3月11日(日)】
東日本大震災から1年です。
震災で亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈り致します。
大切な方を亡くされた皆様、大切なものを失ってしまった皆様の心の傷が癒されます様に。
そして復興が進みます様に。
私もこの震災を忘れる事なく、私に出来る範囲の事を、末永くしていきたいです。
協力、助け合いの気持ちを大切にしたいと思います。

実際、地震には遭ったけれど、実際の被害はなく津波の被害にも遭った訳でもない私でさえ思い出すと心がこんなに傷むのだから、実際もっと大きな揺れに遭遇した方、津波を目の当たりにした方、そして大切な人を失った方はどんな気持ちで今日という日を迎えたのか、私には想像も出来ない程だと思います。
同時に、他人事ごとではないという事もしっかり覚えておこうと思います。
(「サンリオ村」でキティちゃんもメッセージを書いてくれていましたね。)

【追伸】
或るサイトにて、
「毎日が必ず誰かの命日でもある。今日があることを感謝する事が大切。」
「悲しい事が有った日だが、同時に誰かにとっては嬉しい記念日である人も沢山居るはず。そういう人達が大っぴらに今日を祝えないのも悲しい。今日を生きる事を許された我々は明るく生きよう。」
という言葉を見つけました。確かにそうですね。

【2011年9月14日(水)】
東日本大震災から半年、という事で、多くの方が文章を綴り、TVでも多く取り上げられています。
でも私にはまだ語れる良い言葉が見つかりません。
今回の震災で被害という程の何かは私や周りには起きていません。
だからこそ余計に被災地の方々の気持ちになって考える事が大事なのだと思います。
でも他人事ではないのに、「被災地の方々」と言って区切ってしまう言い方にも抵抗はありますし、同じ目に遭っていない者がそんなに簡単に「気持ちになって考える」なんて出来る事ではありません。
そんな中、どんどん新しい出来事があり、考えるべきなのは東日本大震災だけではないのも事実です。
それでも、あらゆる事を想像して、東日本大震災を忘れる事はせず、被害に遭われた方々の事を想い、常に出来る事を探し、少しずつ続けていく事が同じ日本人、同じ人間として出来る事だと思っています。


【2011年6月10日(木)】
今日は、「キャシー」について書こうと思います。

↑左からキティ、キャシー、ミミィ

キャシーはキティちゃんのお友達のうさぎさんです。

「サンリオフレンズ」(1992年 株式会社サンリオ)より
○「キャシー」
とても思いやりのあるうさぎさん。みんなのお姉さん役。

「MY KITTY」(1997年 株式会社飛鳥新社)より
○「やさしいお姉さん うさぎのキャシー」
おとなっぽくて思いやりのある性格。みんなに慕われています。
キティちゃん『キャシーのおだやかな笑顔が大好き!』

○「キャシーのパパは船長さん」
航海から帰るとキティにもおみやげをくれるんです。

○「上品なご婦人はキャシーのママ」
夏のお出かけには日傘を忘れない楚々とした女性。

○「まだまだ赤ちゃんキャシーの妹」
なんでもキャシーのまねをしたがるおしゃまさん。

「HELLO KITTY MEMORIES」(2009年 株式会社サンリオ)より
○「キャシー」
ちょっと控えめで、思いやりのある女のコ。お姉さん的存在で、みんなに慕われています。

○「キャシーのママ」
キティのママと同じような帽子をかぶって、夏は日傘をさしている上品なご婦人です。

○「キャシーのパパ」
船乗りのパパは、長い航海から帰ったときに、キティにもおみやげをくれるの。

○「デイジー」
キャシーの妹。なんでもキャシーの真似をしたがるおしゃまさんです。

「non-no mook Hello Kitty 35th Anniversary BOOK 2WAYリボンバッグ」(2009年 集英社)より
○「キャシー」
優しくておもいやりがあり、友達の間ではお姉さん的存在。おとなしくて、キティとは対照的な性格。パパの仕事は世界を巡る船長。

「ar 2009年12月増刊号 HELLO KITTY FAN」(2009年 主婦と生活社)より
○「キャシー」
ちょっぴりおとなしくて、いつもみんなのことを思っているやさしいうさぎの女の子。キャロットケーキを作って、みんなをもてなすのが大好き。


こんな素敵な女の子とその家族です。

【2011年6月7日(火)】
久々に、ほっとするニュースが飛び込んできました。
「メルシス社(オランダ)と株式会社サンリオの係争和解合意について」(株式会社サンリオ ニュースリリース)
URL:http://www.sanrio.co.jp/corporate/release/detail/382

キティちゃんのお友達、キャシーの件で、株式会社サンリオとミッフィーのメルシス社(オランダ)は和解したそうです。
法律の事は詳しくありませんが、訴訟の件は、可愛いくて平和で穏やかな筈のキャラクターの世界観と合わない気がしてとても心配していました。
今回和解に至ったとの事でほっとしました。
特に和解の理由に感動しました。
以下、サンリオニュースリリースより、一部抜粋させて頂きます。
「サンリオ、メルシス、ディック・ブルーナは3月11日の東日本大震災の犠牲者の皆様に深く哀悼の意を表するとともに、被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。このような情況を鑑みメルシスとサンリオは訴訟を行うことにより費やす両社の諸費用をむしろ日本の復旧・復興のために寄付すべきであるという結論に至りました。そのような考えからメルシスとサンリオは、和解することといたしました。」(以上、サンリオニュースリリースから一部抜粋)

今、こんな時に争っている場合ではないという事ですよね。
こういう考え方って素敵だと思います。

私も、最近、むやみに怒る事や不寛容である事よりも、時と場合によっては認め合い許す事や寛容の方が大切な時もある、と感じる事が多くあります。

更にキティちゃんファンとして嬉しかったのが、この部分です。

再度、サンリオニュースリリースより、一部抜粋させて頂きます。
「メルシスとサンリオはお互いのキャラクターを相互に尊重する立場を堅持してまいります。係争中のすべての訴訟を取り下げ、メルシスとサンリオは共同で15万ユーロ(約1,750万円)を東日本大震災への義援金として寄付いたします。」(以上、サンリオニュースリリースより一部抜粋)

争っていたのに今度はお互い手を携えて共に震災復興へのお手伝いをするという事、これもまたとても感動しました。
サンリオさんとメルシス社さん、キティちゃんとミッフィー、これから仲良くなってくれたらいいな。

そして出来たらキャシーを復帰させてあげて欲しいです。

キャシーはキティちゃんの大切なお友達。みんなのお姉さん的存在のとても素敵な女の子です。
(ミッフィーには似ていないと個人的には思っています。キャシーはキャシーらしい魅力があり、ミッフィーにはミッフィーらしい魅力があって、別の物だと思います。)

【2011年3月28日(月)】
被災地の方以外の方でも、被災地の様子をニュースでずっと観ている事や原発でも次から次へと何かが起こりなかなか事態が収束しない事等で気分が憂鬱になってしまったり体調を崩してしまったりしている方も多いと聞きました。
それだけ大変な事が起きたのです。当然だと思います。
そんな時は、少し、情報から遠ざかって、心を休める事のも必要な様です。

日本全体の停滞は被災地の復興の妨げになってしまうので、日本全体を活性化させる為にも、被災していない地域の人達は日常通り、元気にしている事が大切なのだそうです。
勿論、被災地の方々の事、原発事故の現場の方々の事を思いやりながら。そしてお手伝い出来る事をしながら。
だから私も、気持ちが辛い時もあるけれど、元気に日常通り一日一日を過ごしていきます。

被災地の一日も早い復興、そして原発事故の収束を心からお祈りしています。

【2011年3月23日(水)】
買い占めも落ち着いてきたと思ったら、今度はお水の問題が出てきましたね。
(お水の「数値」の問題は、天候による一時的な物だと言われています。また、大人は問題ないようですが小さいお子様のいるご家庭は心配ですよね。お住まいの各自治体にお問い合わせ下さいね。)
(→追記:東京都の金町浄水場でのお水の「数値」、2011年3月24日の計測値によりますと下がっている様です。具体的数値等の詳細や正確な情報、今後の数値や対応法等はお住まいの各自治体にご確認下さい。)

どちらかというと心配性な私なのですが自分の出来る事をやって自分の努力に及ばない事に関しては「もう仕方ない。どうにかなる。」と割り切ってしまう時が昔からありました。
今、正にそんな心境です。
だから今回、食料もガソリンもお水も、大量に買いまくったりしてません。

日本で大きな災害が起こったばかりなのですし、今も事態は収まっていません。
被災地の皆さんは想像以上に大変辛い苦しい思いをしています。
原発の事故を抑える為に命を掛けている方達がいます。

今、明るい気持ちでいる事は大切だけれど、物質的な事に関しては仕方ありません。
こんな時に自分達だけいつも通り何も変わらず楽なままで過ごしたいという考えはやっぱりいつか破綻する気がします。
そう思ってしまいそうな気持ちは今は抑えて、それよりも冷静に事態を見つめながら一つ一つ判断していこうと思っています。
きっと1人1人が頑張ればそれが大きな力になって事態も収束して明るい兆しがどんどん見えてくる、そう信じています。

まずは落ち着きましょう。この可愛いキティちゃんでも観ながら・・・。
そして今、多少の不便を我慢出来る人は我慢して、元気に明るい気持ちで過ごしましょう。
でも無理は絶対しないで下さいね。辛い時は辛いと言って周りに助けて貰いましょう。
また、デマや嘘の情報には気を付けて下さい。本当に困っている方達に助けがいかなくなってしまいます。

【2011年3月22日(火)】
海外のサンリオサイトで観たのですが、サンリオが今回特別に、売上げの一部が今回の災害への義援金になるキティちゃんグッズを作るというのはどうでしょうか、書込をされている方がいました。
実際に実現するのは色々と難しい事とは思いますが、支援の輪が広がる、とても良い案だと思いました。
(株式会社サンリオとしての義援金、支援物資については既に発表されています。)

【2011年3月21日(祝)】
あの地震の日から10日が経過したんですね。
地震の瞬間は、自分の恐怖と家族、知人の心配しかしていませんでした。
まさか、東北地方を中心にあんなに被害が出て、大津波が来ていて、原発事故まで起きるなんて、想像もしていませんでした。

この10日間、私なりに冷静になって、被災地の為に出来る事をしようと思って行動しているつもりでしたが、連休中は殆ど家にいてニュースばかり観ていたせいか、それも揺らいでしまいそうでした。
被災地の方達の様子をニュースを観ていると、地震は日本にいる以上、他人事ではないし被災地の方の痛みを自分の痛みとして受け止めようとしないと申し訳ない様な気さえして(実際は決してそんな事は出来る訳がないのです!)気持ち的に参ってしまいそうになる時もありました。

でも「サンリオ村」に掲載されていたキティちゃんからのメッセージを、改めてじっくり読みました。
「希望を持つこと、ひとりひとりが、できることを考えること
危ない作業も頑張ってくれている人がいること、そしてその人たちへのありがとうの気持ち
みんなも電気が使えなかったりして大変な事もたくさんあるけれど、それでも困っている人達の為に協力をして応援をしてくれている
みんなで心を一つにしてがんばりましょう」
・・・その様な事が書いてありました。

やっぱり、被災地の復興の為にも、日本全体が停滞しては駄目ですよね。
日本全体が一つになって乗り越えていかなくてはいけない時。
私の様に沈んだ気持ちのままでいる事は、ただ逃げている事と同じ様な気がしました。
被災地の方達があんなにも自分達で頑張ろうとしているのに。
そして、原発事故を止める為に、自衛隊、消防、警察、原発の職員の方、東京電力の職員の方、皆さんが正に命がけで頑張っているのに、気弱になっていては駄目ですね。

改めて、無事だった地域の私は、被災地の事を思いやりながら、冷静に平常心で、正しい情報をきちんと得て、自分が出来る事、やるべき事をやっていこうと思います。

明日から、また平日です。
被災地の為に日本の為に頑張る為にも、まずは落ち着いて日常に戻る事も大切だと気付いた連休でした。

東北地方太平洋沖地震の被災地の皆さまが、無事に、安心して過ごせる日が一日も早くやってきます様に。


(旧サイトは下記です。)

下記をクリックしますと、新しいウインドウが開き、外部サイト(Goo)に繋がります。

「旧 キティちゃんエッセイ」(2007年4月〜2011年2月)

下記をクリックしますと、旧ハローキティクラブの過去ログに移動します。

「旧 キティちゃんエッセイ」(2004年8月〜2007年3月)